top

「スタジオ・あさか」のデザインする建物は

シンプルな容です。

長く丈夫で、耐震性に優れ、消費エネルギ-も少なく、健康的に楽しく過ごせます。

耐震性能は、

耐震性能の最高等級(等級3)を標準仕様としています。

偏心率の確認で壁のバランスを整え、基礎や軸組材は許容応力度計算により安全性を確かめます。

住み続けられる住まいです。

家族の変化、住まい手の変化、あるいは用途に変更にもフレキシブルに対応できる工法とします。

断熱・気密・パッシブなデザイン

建築の容と敷地内の緑等で暖かく、涼しく、健康的で、経済的な暮らしの実現。

必要な熱(暖かさ)は、明るさは、涼しさは、そこにある自然の恵みを上手く利用します。

設備は、

まずは建築や外構で暮ら、しの快適さを整えます。

より快を、一寸不足な暮らしを支える様々な設備機器はメンテナンスが容易にできるように計画します。

WORKS

会社概要

スタジオ・あさか合同会社 Studio Asaka architecture & yoga ,Inc.

代表 久保 潤一、久保 幸子

一級建築士事務所埼玉県知事登録 11436号

〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼6-5-13-108

048-278-9347

studioasaka.arch@gmail.com

Studio Asaka YOGA のサイトはこちらへ

スタジオ・あさかの景色

ブログ

聴竹居

京都・山崎、聴竹居(1928) 藤井厚ニ設計を訪ねました。 室内は中央の居間から各室へアプローチ出来る今ではごく普通の平面計画。居間と繋がるのは玄関ホール、客間、広縁、読書室、台所、食堂。食堂は食い込む様に居間と繋がる。 …

お問い合わせ

建築計画、家づくり(新築、増築、改装)のご相談は随時お受けいたします。スタジオ・あさかの事例集冊子も用意しております。「事例集希望」氏名、送付先をメール頂ければお送りさせて頂きます。

メールアドレス studioasaka.arch@gmail.com