【ヨガノート】ブラーマリー・プラーナヤーマ

今週のアドバンスクラス(RIMYI-online)

RAYA先生の代講

急に決まった代講なはずなのに、abhijata先生、スニータ先生が先週こう行ったのを覚えている?と言うRaya先生の謙虚さや勉強熱心さが表れている気がしました。

例え話をしながらわかりやすく教えてくれます。

もう少し英語が瞬時に理解できたらとつい思ってしまうのですががんばります。

Adho mukuha svanasana

adho mukuha virasana

prasarita padottanasana

長めのキープ中、固くしない、崩れない、形はしっかりとさせる

静かに取り組めました。

最後のsavasana

“everything on your thighs”全てのものを太ももに乗せて

のインストラクションに、たくさんのものを太ももに乗せているのを想像して1人くすっと笑ってしまった。

今回のブラーマリー・プラーナヤーマは、手を使わずに行いました。

非常に勉強になり気づきの多いクラスでした。

ブラーマリー・プラーナヤーマ

ブラーマリー・プラーナヤーマは、ヨガの呼吸法の一つです。この名前は、サンスクリット語の「ブラーマリ」(蜂の意)と「プラーナヤーマ」(呼吸制御の意)から来ています。

ブラーマリー・プラーナヤーマは、「蜂の呼吸」とも呼ばれ、蜂のブンブンという音を模倣することからその名がつけられました。

この呼吸法では、通常、両耳を親指で塞ぎ、残りの指で目と額を覆いながら、深くゆっくりと息を吸い込みます。

その後、鼻からゆっくりと息を吐き出す際に、喉で「ミーン」または「ハム」といった音を発します。

この音が蜂の羽音に似ているため、この名前が付けられました。

ブラーマリー・プラーナヤーマは、心を落ち着かせ、ストレスや緊張を軽減し、集中力を高める効果があるとされています。

【ヨガノート】のど・目を緊張(固く)させない

良くクラスで先生が「アサナ中にのど、目を緊張させないでください」といいます。

なるほど、いいこと言うなと思っていたのですが、「なぜ」という考えは持っていなかった。

先日のRIMYI abhijata 先生のintermediate class で先生が説明してくれたことでとても腑に落ちました。

体験して納得できたことは、一生忘れないくらい印象に残りますね。とても感動しました。私もこれから自信を持って「目と喉を緊張させないでください」ということが出来ます。

【ヨガメモ】外側の引き込み

外側の引き込みってなに?状態が何年も続いていて、半ば諦めていた。しかしそれに向き合わないと…思うことが自分におとづれた。

股関節の痛み。坐骨神経の痛み。違和感。

関節が柔らかく可動域が拡がってくると、間違えた動かし方をしている箇所やその関連箇所が痛くなってくる。と言うのは長年のヨガの経験で何度かあったのですが、今回の不調は3年ぶりくらいに突然やってきた痛みでした。

色々この痛みと向き合いながらヨガをしていくうちに、気づいたのが、外側の引き込みをしていないから、この痛み違和感が出ていることでした。

前屈、脚を外に開く際、普通に立っている姿勢でも、この外側の引き込みが行われていなければならないという事実。

思えば、ヨガを習い始めた頃から言われていたことだった。

「痛み」「不調」という事実があると熱心になれます。私がそうなのかもしれないですが、心地よく生きていきたいと願うばかりです。

生徒さんにも初心者の段階からでも、いつでも伝えていこうと思います。

ヨガノート:インドのビギナークラスメモ

年末の最後のクラス内容は、プラーナヤーマでした。

プラーナヤーマは、シンプルに言うと呼吸法です。

プラーナヤーマの練習は初心者の内は練習しません。ある程度(最低でも1年くらい)アサナの練習をしてからになります。

このオンラインクラスを受けているビギナーの生徒たちもちょうど1年練習したところです。プラーナヤーマを練習し始めるのに丁度良かったのだと思います。

ヨガの先生になるために、ビギナークラスに参加、見学、アシスタントをすることが必要と言われているのですが、クラスに参加してみて本当にそうだと思います。

自分がビギナーの時に理解できることは限られています。この機会に恵まれてありがたいです。

【ヨガノート】肩甲骨の大切さについて実感したこと

誰でもPC作業や、家事で背中が丸くなります。その時、肩が前に出てきてしまい肩甲骨が外に出てしまい、そのままの姿勢が定着してしまうと、いわゆる猫背の状態になります。

背骨がまっすぐ伸びて(健康なカーブは保ちながら)その連続した上に首、頭蓋骨がくるのが正しい姿勢(正しい位置)です。

—————————————————

両肩を後ろに引いて、

背中の上部(肩甲骨)を背中側から胸の方へ押す。

胸は、あごに近づけて

あごは胸から離れる。

頭を後頭部の方へやや移動させる。

目線は、目の高さでまっすぐ前を見る。

—————————————————

どのクラスでも毎回インストラクションしています。ぜひコツを掴んで定着させてほしいと思います。

—————————————————

肩甲骨を体の中に入れる

—————————————————

骨の位置、傾きなどが正しく配置されるようになると

体は整い、機能正常に働いて健康を保てると考えています。

見た目の良さや、健康は切っても切れない関係のようです。

【ヨガノート】インドのon-line-yoga-class始まりました

アイアンガーヨガの本部のあるインドプネRIMYIからon-line-yoga-classがはじまりました。

8月から開催だったのですが、1回目の申し込みが開始後すぐに締め切りになってしまい断念。2回目の募集には無事申し込みができ、9月から参加することができました。

日本人向けというわけではないので、言語はインド英語で行われます。わたしは英語があまり得意ではないので、たぶんこう言っているだろうという程の理解で、画面を見ながらデモをみながらやってます。

本場の先生達の伝えたいことは、シンプルに表現されていてとても理解しやすいです。

クラスはビギナークラス、中級、上級、プラーナヤーマなどがあります。私は、ビキナーと中級を受けていますが、インドに行かないと受けれなかったクラスが自宅で毎週受けれるなんてとても幸せなことです。コロナのおかげでいろいろと大変なことが多い中、このことは唯一良かったことかもしれません。インドの先生を見て思うのは、日本人の気質、丁寧で親切な気持ちが時としてヨガを教えるときに邪魔になることがあるのでは?といくことです。

自分の伝え方、伝えるタイミングをもっと上手に出来るようにしていきたいと思い、毎週のインドのon-lineクラスが楽しみでしょうがありません。気づいたことを出来るだけシェアしていきたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

yoganote

2018、2019年にヨガの練習のためにインドプネーにある「RIMYI」へ行きました。

インドの夏の1番暑い時期は5月で1ヶ月「RIMYI」のヨガクラスはお休みになります。裕福なインド人は涼しい国内外に旅行するようです。6月から徐々に人々が帰国し平常時に戻ります。その6月に新学期のようにクラスが始まり、新しい生徒が加わり、既存の生徒さんは進級します。

インド国内の新しい生徒は、1年に一度受付が可能で、1年間学んだ後は次のクラスに進みます。続けていく事でより難しい内容に進化していくのが楽しさになりそうです。

とても良い仕組みだと思います。

先生を目指すインドの生徒は、約三年間かけて自分自身の練習のためのクラス参加と、自主練習と、研修生として「入門クラス」への参加・アシスタントを同時に進め(ほぼ毎日)先生になるそうです。最初に30名ほどの研修生も最終的に残るのは数名ほどだそうです。

先生になりたいと思うのは簡単ですが、その努力を続けるのは誰でも大変な事ですね。

またインドでの体験については書きたいと思います。

【ヨガノート】my practice / 7月3日/ online

腕を使ったアサナの練習

Urdhva mutha svanasana

Chaturanga dandasana

Salabhasana

チャラトランガダンダサーナ、ウールドワムカシュワナアサナ

今まで苦手と思いながら向き合うのを避けてきた感のあるアサナたちに、今日はとことん向かい合いました。急にできるようになるわけではないのですが、ちょっと方向性がわかった気がしました。

翌日は筋肉痛で泣きましたが、今まで腕を使えていなかったのだと痛感しました。

「4肢を正しく働かせることで、背骨と骨盤が良い位置に保たれる。」というようなことを先生達から聞いたことがありましたが、その意味がだんだんわかってきました。

自分の練習に役立てたいと思います。

ヨガクラスの詳細はこちら

ヨガジャーナル.COM

アーユルヴェーダライフ

【ヨガノート】my practice note プラーナヤーマ

6月24日 プラーナヤーマ

やさしいプラーナヤーマの練習でした。

胸を広げようと思うと、つい体が硬くなり緊張してしまいます。先生たちは既に達人なのだろうか、呼吸によって非常に胸が大きくなる。それを見ていると、自分もあんな風にしなくてはと思いついその動きを誇張してやろうとしてしまいます。

おだやかなプラーナヤーマは、心地よく落ち着いてできます。

背中を壁に預けて行うのは、とても楽な感じで長くいられます。自立して座っていても楽にいられるようになるのには、どのくらいかかるんだろうか?

お腹と、胸の動きが連動しないように、別々に動かすというのが難しいです。日々少しづつやっていくしかないのでしょうね。がんばります。

ハタヨガクラスはこちら

ヨガジャーナル.COM